1. TOPページ
  2. IR情報
  3. 社長メッセージ

IR情報

IR情報

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度の新型コロナウイルスの感染拡大により被害にあわれた方々にお見舞い申し上げますと共に、コロナから人々の命と暮らしを守るために闘っておられる医療従事者の皆様に心から感謝申し上げます。

さて、当社は、先に今年2021年度を初年度とする3か年の新中期経営計画「Together 2023-成長軌道への回帰-」を策定し、皆様にお知らせいたしました。
新型コロナウイルス感染拡大の影響を強く受け、昨年度は業績面で皆様に大変ご心配をおかけいたしましたが、資金面での十分な手当てを行なうと共に、資産売却、事業譲渡、グループ会社の閉鎖吸収、支店の統廃合、工場の閉鎖、生産設備の移設集約、店舗閉鎖等を果敢に行ない、収益構造改革を進めてまいりました。
新中期経営計画の初年度となる今年も、昨年1月に3つの事業本部制を廃止し、垣根をなくして一本化した事業推進体制のもと、業務改革・構造改革を実施し、利益を生みやすい強靭で柔軟な企業への体質改善を強力に進めます。

昨年、特に痛手が大きかったホテルのリネンサプライは、そもそも需要に供給が追いつかぬ程の成長領域です。ユニフォームレンタルもHACCP(食品衛生管理の国際標準)の義務化に伴い、食品・飲食関連企業の需要拡大が引き続き見込めます。公衆衛生に寄与することを生業としてきた当社だからこそできる付加価値も加えて確実に需要を取り込むと共に、新たなターゲット業種を定め、人員も増強してユニフォームレンタル営業を展開します。

また、個人向けクリーニングにおいては、ニューノーマルの中で人々がビジネスウエアを着る機会やおしゃれ着を着る機会が減り、需要が十分に回復しないことが懸念されます。
昨年10月、集配サービスを行なうルートスタッフをCLP(クリーン・リビング・パートナー)に生まれ変わらせる制度改定を行ないました。白洋舍の経営理念は「人々の清潔で快適な生活空間づくり」、企業コンセプトは「クリーン・リビング」です。衣類のクリーニングはもとより、人々が清潔で快適な暮らしがおくれるよう、非衣類・非クリーニングを含む新たなサービス、様々なサービスを開発して、CLPがご提供してまいります。
また、デジタル化も不可欠です。現在、業務改善・生産性向上のためのデジタル化は勿論、顧客接点のデジタル化とデジタルマーケティングの仕組みづくりも急いでいます。パーソナライズによる販売促進を展開するとともに、お店やルートといった他のサービスチャネルと組み合わせることで利便性と付加価値を高め、新たな顧客と市場を創造してまいります。

ウイズコロナ・アフターコロナの社会・経済・消費行動の変化を見据え、白洋舍は今年も様々な挑戦を行ない、成長軌道への回帰と持続的成長、企業価値の向上に邁進いたします。
皆様におかれましては変わらぬご指導とご厚情を賜りますようお願い申し上げます。

サイン

IR情報