1. TOPページ
  2. よくあるご質問
  3. クリーニングQ&A

よくあるご質問

クリーニングQ&A一覧へ戻る

クリーニングに出すときに注意することは?
以下の点にご注意ください。
  • 上下対になっているものやフード、ベルトなどが付属しているものは一緒にお出しください。(一緒に洗うことで風合いなどの調和を保てます)
  • ポケットの中にカードや現金など大事なものが入っていないかご確認ください。
  • シミやホツレ、破れがある場合、お伝えいただければ、しみ抜きや修理のご相談も承ります。
  • 服を購入したときクリーニングについての注意事項をお聞きでしたら、その旨をお知らせください。
  • その他ご要望がありましたら白洋舍スタッフにお申し付けください。

一覧へ戻る

着用シーズンの前と後、クリーニングに出すタイミングはどちらがいい?
シミや汚れは、時間の経過とともに落ちにくくなります。またカビや変色の原因にもなり、虫に食われる可能性も高くなりますので、シーズンが終わって収納する前のタイミングで、なるべく早目にクリーニングに出していただくことをお勧めします。

一覧へ戻る

シミをつけてしまったとき、クリーニングに出す前に自分でも何かした方がいい?
基本的には以下のような応急手当までとし、信頼の出来る専門家に依頼するのが賢明です。
  • タオル・ハンカチ・ティッシュ等ですばやく吸い取り、さらに押さえるようにして水分や油分を吸収させる。
  • 絶対にこすらないこと。(生地が毛羽立ち、白っぽくなる場合があります)
  • アイロンやドライヤーなどで、熱をかけないこと。(シミが取れにくくなってしまう場合があります)

一覧へ戻る

ドライクリーニングって何を使って洗うの?
水を使わないことから「ドライ」と呼ばれます。ドライクリーニングは、石油系溶剤やパークロロエチレンなどの水ではない液体(有機溶剤)を使用します。これらの溶剤は油を溶かす力や乾燥の温度など、条件がそれぞれ違うため、品物に合わせて使い分け、洗う時間、乾燥方法などを変えてクリーニングしています。

一覧へ戻る

ドライクリーニングの長所と短所

水洗いと比べると次のような特徴があります。

○長所

  • 体から分泌される油分などの油性汚れが良く落ちる。
  • 型くずれや縮みが起こりにくい。
  • 生地の風合いが変化しにくい。
  • 色落ちしにくい。
  • 繊維をいためにくい。

○短所

  • 汗などの水溶性汚れが落ちにくい。
  • プリント柄がはがれたり、接着してある装飾パーツが取れることがある。

一覧へ戻る

ドライクリーニングは、なぜ収縮や型くずれが起こりにくいの?

素材によって次のような理由があります。

○綿、麻、絹などの場合
これらの糸は水に浸すと糸が膨らんで太くなり、縮みの原因となります。また糸が膨らんでしまった繊維をそのまま乾かすと型崩れの原因にもなります。一方、ドライクリーニング溶剤中では糸が膨らみませんので、このような縮みや型崩れは起こりません。

○羊毛、カシミヤ等の場合
羊毛等の繊維の表面は、私たちの髪の毛のキューティクルと同じようにウロコ状になっています。水の中では 羊毛等の繊維が膨らみウロコがひらき、その状態で、もまれると繊維がからみ合って徐々に目がつまって縮んでしまいます。これをフェルト収縮(縮絨)といいます。
ところが、ドライクリーニング溶剤中ではウロコがひらきませんので、このような縮みは起こりません。

一覧へ戻る

ドライクリーニングで洗剤は使うの?
ご家庭での水洗いと同様に、ドライクリーニングでも洗剤は必要です。洗剤は、水洗いでは主に油性の汚れを落とすために使用しますが、ドライクリーニングでは、帯電防止効果や、水溶性汚れを落とす働きをもたせるために使用します。

一覧へ戻る

衣類にはどんな汚れがついているの?

コートやスーツとシャツ・ブラウス類では汚れの種類やその量も異なり、季節によっても異なります。一般的にコート、スーツ等のアウター類では一番多いのが不溶性の汚れ、次に油性、水溶性の汚れの順です。

○不溶性の汚れ
泥や排気ガスのような水にも油にも溶けない汚れです。この汚れを落とすには叩く、揉むなどの機械力が必要になり、洗う時間や洗う量などの管理が重要になります。

○油性の汚れ
身体から分泌される油分などの汚れです。ドライクリーニングでは溶剤に溶け出し、水洗いでは洗剤の働きで取る汚れです。

○水溶性の汚れ
汗と一緒に分泌される塩分などの汚れです。水洗いでは水に溶け出し、ドライクリーニングでは洗剤の働きで取る汚れです。

白洋舍では、洗浄品質を維持するため、ドライクリーニング・水洗いともに、全国の工場の洗浄品質を一斉にチェックする試験を定期的に実施しております。

一覧へ戻る

クリーニングならではの長所って何?

次のような長所があります。

○洗い
水洗いに加え、ドライクリーニング、またそれぞれに条件(温度、洗剤、溶剤の種類、時間等)の違う洗い方など、バリエーションに富み、素材やデザインによってクリーニング品へのダメージと汚れ落ちを考慮した最適な方法で洗うことができます。またプロによるしみ抜きもクリーニングの魅力の一つです。

○仕上げ
洋服は立体的に縫製されていますので、平らな台の上でアイロンだけで仕上げるのは困難です。プロのクリーニング業者は専門の道具や機械を取り揃えており、立体を立体のまま仕上げることができます。また一口に仕上げといっても、例えば芯地の有り無しによって、あるいはしわを伸ばすのか形を決めるのかによっても、湿気、熱、圧力のかけかたを変える必要があり、知識と経験のある技術者による仕上げは一味違ってきます。

一覧へ戻る

毛皮はどうやって洗うの?
とうもろこしの芯を粉にしたもので洗います。とうもろこしの芯は活性炭のように微細な穴があいた構造となっています。この穴に汚れた油分やホコリ、排気ガスなどの汚れ分を吸着させて洗浄します。また、粉のほかに少量の毛皮用の洗剤のようなものを用い汚れ落ちをよくしますが、この中には保護成分(油分)が含まれ、汚れ取りと同時に補油効果が加わります。

一覧へ戻る

皮革はどうやって洗うの?
大きく分けて二つの方法があります。「C&G」という特殊な水洗いと、特殊な潤い分を溶け込ませた溶剤を使用するドライクリーニングです。革は染色が弱いため普通 のドライクリーニングでは、脱色したり色移りするばかりでなく、革の持つ潤い分が抜けて収縮したり硬化してしまいます。皮革と生地の組み合わせ品や色々な色の革を縫い合わせたものは、クリーニングできない場合がありますのでご相談ください。

一覧へ戻る

しみ抜きを頼めばどんなシミでも落ちる?
特殊なシミや時間経過、熱などによって変化したシミは落とせないことがあります。また生地の状態によっては、しみ抜き処理が行えない場合もあります。

一覧へ戻る

クリーニングができない衣料品などはある?

取扱い絵表示がない場合など
白洋舍では、お品物の取扱い(クリーニング方法)は、原則として取扱い絵表示に準拠致します。また、この表示がない場合は、最も適切な方法を素材や外観から判断します。しかし、以下のような場合はお預かりできない場合があります。

  • 適当な方法が無い(クリーニングによって不具合が発生する)と思われる場合
  • 生地が弱っているなど、不具合な現象が既に発生していて、クリーニングによって拡大する可能性がある場合

例)金属繊維使用製品の場合
上記の一例として、金属繊維使用製品があります。織や編の組織中に細い針金を使用してシワやドレープを表現した製品は形状が変わりやすく、一旦変わってしまうと元の状態に復元できないこと、また、金属は汗や果汁などによって変色しやすくそうした部分は、クリーニングでも復元は困難であることから、お預かりできない場合があります。

一覧へ戻る

クリーニング品に被せてあるポリ袋、そのままでいいの?
そのままの保管はカビの原因になります。クリーニングのポリカバーは保管用ではなく、仕上がったものを汚さずにお持ち帰りいただくための包装です。そのまま収納すると湿気がこもり、カビが生えやすい条件を作ってしまうことがあります。また、ポリカバー中の成分によって、衣類が変色することもあります。保管するときは、ポリカバーをはずし市販の不織布カバー(当社でも販売しています)を使うか、古いシーツなどを利用した手作りのカバーをかけておくことをおすすめします。

一覧へ戻る

白洋舍で保管もしてくれるって本当?

一着200円程度で保管いたします。
獣毛製品(カシミア、アルパカなど)を除くコート、背広、スーツ類は春と秋にクリーニングと同時にご用命頂ければ、『季節保管』として、次のシーズンまで一着200円程度でお預かりします。洋服ダンスのなかがスッキリするばかりでなく、虫食いやカビの心配からもかいほうされます。

承り期間・お渡し月
(承り期間)3月下旬~6月上旬 → (お渡し月) 9月/11月
(承り期間)9月下旬~11月上旬→(お渡し月) 翌年3月
※地域によって承り期間・保管料等が異なりますので、詳細につきましてはお近くの白洋舍におたずねください。

また、毛皮、皮革、獣毛製品等は『有料保管扱い』でお預かりします。特に毛皮は、毛皮自身の持っている潤い成分が酸化され黄ばんだり毛抜けの原因となりますので、低温での保管が必要です。クリーニングとともにご利用ください。この場合の保管料はお品物の内容によって異なります。詳しくは白洋舍スタッフにお尋ねください。

よくあるご質問